香港MBA留学記

香港科技大学MBA留学で経験したこと、考えたこと

タイ~ラオス旅行記1

(Facebookからの転載)備忘までにタイ初日。

 

AM5:00にスワンナプーム空港着、ドンムアン空港にバスで移動後、AM11:25まで時間を潰してチェンライ行きに乗る。

 

PM1:00に到着後、チェンコーン行きのバスがPM4:00まで出ないと言うので、バンコク人のおばさん達に誘われて街中のショッピングモールまで行く。Fuji、やよい軒を始め、日系非日系の日本食屋が4軒ぐらい入ってて、全レストランの20%ぐらいは占めてた。非日系日本食チェーンの雄、Fujiのカツ丼食べたけど、変なローカライズもなく、普通にかつやチェーンレベルはあると思った(キムチがついてたけど)。噂に聞いてた甘い緑茶は想像通りの味。モールの中で日本祭をやってて、学生が一休さんを朗読発表してた。刀のごちそう、という話だったけど、現代の日常会話では使わない古めかしい単語がふんだんに用いられていて、学習用としては非常にどうかと思った。

 

さて、PM4:00にバスが出発後、以下のようなやり取りを経て、よくわからないホテルに泊まることになった。

し: 国境を今日中に渡りたいから、橋まで連れていって欲しい

ドライバー: もう遅いから無理だ

し: でも航空会社からもらった旅程表(バス付きのプランだった)では、最初に橋に行って、そのあとホテルに行く、降りたい場所はドライバーと相談のことと書いてあるけど

ド: 最初に橋にいくというのは、ただ景色を見るだけだから降ろす予定なんてない。向こう岸に渡ってもいいホテルはないから今日はタイに泊まったほうがいい

タイ人の全乗客: そうだそうだ、これはお前のために言ってるんだ

し: わかりました、ホテルに行きます。でも、ホテルとってないけど

ド: 大丈夫!

 

ということで2時間ばかり走った後、僕だけどこかのホテルの前で降ろされる。みんなバスの中から、ユーキャンステイヒアとひたすら連呼しながらどこかに走り去ってしまった。みんなはどこに行ったんだろう?

 

ホテルはまだ出来上がっていないらしく、スペシャルプライスで約3,500円とのこと。安いのか高いのか判断がつかないけど、ホテルのグレードからすればまあまあだと思う。

 

かくして納得いかないままに泊まることになったけど、作りかけとはいえホテルの内装は綺麗だし、メコン川の対岸にはラオスの灯りも見えるしで、結構な旅情があって満足している。

 

明日は国境を越えたのち、2日間かけてボートでルアンパバーンに向かいます!